再読文字一覧!よく出るセンター試験の漢文対策を例文つきで解説

合格サポート 2016.8.5

みなさんは漢文のセンター試験対策もう始めていますか?

漢文は暗記科目同然なので、早めから勉強していおいた方が有利!

その中でも今回はセンター頻出の再読文字の解説をします。

ページの最後に、再読文字に関する練習問題もありますので、マスターしましょう♪

再読文字を覚えて、漢文を安定した得点源にして、周りに差をつけましょう!

目次

1・再読文字とは

2・未・将・且

3・当・応・宜・須

4・猶・由・盍

5・再読文字の練習問題

 

 

再読文字とは

再読文字は文字通り2回読む特殊な文字です!

1度目は、返り点に関係ない語順で副詞として読みます。

2度目は、返り点に従って助動詞や動詞として読みます。

受験で覚えておくべき、再読文字は以下の10種類です。

 

未・将・且・当・応・宜・須・猶・由・盍  

それぞれの意味や読み方を見ていきましょう。

覚えやすいように似た使い方をするものをグループにしました。

未・将・且

未  いまだ~ず

 

再読文字解説
意味 まだ~していない、~しない

訓読 未だ+未然形+ず

 

将・且  まさに~んとす

 

再読文字解説画像

意味 ~するだろう、~するつもりだ、今にも~しようとする

訓読 将(且)に+未然形+んとす

 

当・応・宜・須

当・応  まさに~べし

再読文字解説画像

意味 ~しなければならない、~するにちがいない

訓読 当(応)に+終止形+べし

 

宜  よろしく~べし

 

再読文字解説

意味  ~しなければならない、~するのがよい

訓読  宜しく+終止形+べし

 

須  すべからく~べし

 

再読文字解説画像
意味 ~しなければならない、ぜひとも~する必要がある

訓読 須らく+終止形+べし

 

猶・由・盍

猶・由  なほ~が(の)ごとし

 

再読文字解説画像
意味  まるで~のようだ

訓読  猶ほ(由ほ)+連体形+がごとし

猶ほ(由ほ)+名詞+のごとし

 

※活用語(動詞)がくるか非活用語(名詞)がくるかによって送り仮名が異なる!

 

盍  なんぞ~ざる

 

再読文字解説画像
意味  どうして~しないのか、~すればいいのに

訓読  盍ぞ+未然形+ざる

 

※再読文字ではないけれど、「何不ㇾ~」「何為不ㇾ~」と同じ意味です。勧誘を表す時に使われます。

※「なんぞ」の「ぞ」は係助詞なので連体形に結びます

係助詞についての説明はこちらへ ⇒ 係り結びをおさらい!特殊な用法も例文で解説

 

再読文字の練習問題

以下の白文を書き下してみましょう。

再読文字練習問題画像
■正解

①(書き下し)人且に履を買はんとす
(訳)ある人は靴を買うつもりだ
(解説)再読文字「且」は「且に+未然形+んとす」と訓読する
②(書き下し)人生意を得ては須らく歓を尽くすべし
(訳)人生において思い通りになる時は、ぜひとも歓楽をつくす必要がある
(解説)再読文字「須」は「須らく+終止形+べし」と訓読する。今回は勧誘を表す訳をした。

いかがでしたか?再読文字について理解できたと思います。
助動詞の接続の活用をしっかりと暗記できていれば、苦なく白文からでも書き下すことができると思います。
古文と連動する部分が多いのでどちらの科目もしっかりとおさえましょう。
再読文字はセンター試験頻出です。
漢文は覚えてしまえばすぐに得点になる科目なので早め早めに学習しましょう♪

 

記事紹介

暗記の仕方とコツ・たった15分で30個の英単語を暗記する方法

効率良く偏差値を30上げる勉強法5か条!

1年で偏差値40UP!早稲田に受かる世界史の覚え方

勉強のやる気がない時どうした?現役早稲田生に聞いた!

受験生が勉強時間を増やさずに偏差値を上げる方法