セントラルドグマとは?DNAからタンパク質が合成されるまでを徹底解説!

生物 2019.8.8
セントラルドグマとは?DNAからタンパク質が合成されるまでを徹底解説!

遺伝子、DNA、RNA、タンパク質…..
どれも聞いたことのある言葉ですが、どのように作られているのか。

これには、セントラルドグマが関係しています。

初めて聞く方もいるかもしれませんが、遺伝子が実際に体の中で働くようになるまでのプロセスを指す言葉です。

今回は、そんな生き物にとって大切なセントラルドグマについて詳しく解説していきます。

 

 

    【セントラルドグマのまえに】DNAの構造の知識確認

    セントラルドグマの解説に入る前に、DNAの構造に関する知識を復習しましょう。

    DNAは、塩基に糖、リン酸が直鎖上に結合するヌクレオチドが鎖状につながってできています。

    DNAは、2本のヌクレオチドがねじられた二重らせん構造という構造になっています。

    DNAを構成する糖は、デオキシリボースであり、塩基は、A(アデニン)、T(チミン)、G(グアニン)、C(シトシン)の4種類があります。次の4種類の中で、結合する組は決まっています。A(アデニン)T(チミン)のペアと、G(グアニン)C(シトシン)のペアです。これを塩基の相補性といいます。

    DNAの構造に関する記事はこちら。

    セントラルドグマ①DNAの構造

     

      セントラルドグマとは?

      ここから本題のセントラルドグマの解説に入ります。

      セントラルドグマとは、遺伝情報の流れに関する基本原則のことです。「遺伝情報の流れ」と言われてもピンと来ないかもしれません。

      具体的に言うと、「遺伝情報であるDNAの塩基配列が、RNAを介して、タンパク質のアミノ酸配列に置き換えられる」という一連の過程をセントラルドグマといいます。

      セントラルドグマは大きく分けて2つの過程があります。転写」と「翻訳」です。

      DNAの2本のヌクレオチド鎖の結合が切れ、1本鎖となり、一方のヌクレオチドの塩基にRNAの塩基が相補的に結合し、RNAが合成されることを「転写」といいます。

      「転写」でDNAの塩基配列が写し取られたRNA(mRNA)の塩基配列がタンパク質のアミノ酸配列に置き換えられることを「翻訳」といいます。この「翻訳」の時に、タンパク質が合成されます。

       

       

      セントラルドグマ②転写と翻訳

      セントラルドグマの「転写」について詳しく解説

      セントラルドグマでは、タンパク質を合成する際に「転写」という過程があります。

      転写の説明で、上に記載した『DNAの2本のヌクレオチド鎖の結合が切れ、1本鎖となり、一方のヌクレオチドの塩基にRNAの塩基が相補的に結合し、RNAが合成されること』とは、DNAの情報をRNAに伝えることです。

       

      セントラルドグマ③転写RNA

       

       

      一本となったDNAのヌクレオチド鎖の塩基とRNAのヌクレオチドの塩基はRNA合成酵素(RNAポリメラーゼ)の働きにより結合し、1本のRNAとなります。

      ここで、DNARNAの違いを3点挙げます。

      ①DNAを構成する糖はデオキシリボースであったが、RNAを構成する糖はリボースである点。

      ②RNAを構成する塩基は、A(アデニン)、T(チミン)、G(グアニン)、C(シトシン)である点。

      ③DNAはヌクレオチドの塩基どうしが結合している二本鎖であったが、RNAは一本鎖DNAである点。

       

      セントラルドグマ④転写の詳細

       

       

      真核生物の場合、転写のあとに「転写後修飾」が行われます。

      これは、次の翻訳を行うために、転写によってできたRNAの余分な部分を核内で除き、必要な部分だけをつなぐことをいいます。除かれる部分を「イントロン」、つなぎ合わされる部分を「エキソン」といい、「スプライシング」という過程で行われます。

      このスプライシングにより、mRNA(messennnger RNA)が完成します。

       

       

      セントラルドグマ⑤スプライシング

        セントラルドグマの「翻訳」について詳しく解説

        セントラルドグマでタンパク質を合成する際は、「転写」の次に「翻訳」という過程に入ります翻訳で、アミノ酸の配列順序、種類が決定されます。

        翻訳では、核の中で完成したmRNAは、細胞質でリボソームと結合します。この結合したリボソームが、mRNAの塩基3つの配列(コドン)から、1つのアミノ酸を指定します。mRNAの塩基配列によって指定されたアミノ酸が並び、そのアミノ酸どうしがペプチド結合を形成し、ポリペプチド鎖になりますこのようにアミノ酸がつなげられることでタンパク質が合成されます。

        タンパク質の合成に関する記事はこちら。

         

        セントラルドグマ⑥翻訳

          セントラルドグマのまとめ

          最後までご覧いただき、ありがとうございます!

          いかがでしたか?セントラルドグマは、転写から翻訳までに流れ、また塩基どうしの組み合わせなどを整理し、正確に暗記してください!

          参考になれば幸いです。

          アンケートにご協力ください!【外部検定利用入試に関するアンケート】

          ※アンケート実施期間:2021年1月13日~

          受験のミカタでは、読者の皆様により有益な情報を届けるため、中高生の学習事情についてのアンケート調査を行っています。今回はアンケートに答えてくれた方から10名様に500円分の図書カードをプレゼントいたします。


          アンケートに答える


          受験生の勉強に役立つLINEスタンプ発売中!

          受験生が使いやすい「受験のミカタ」勉強LINEスタンプ販売中!


          最新情報を受け取ろう!

          プッシュ通知を許可する

          受験のミカタから最新の受験情報を配信中!

          この記事の執筆者

          ニックネーム:受験のミカタ編集部

          「受験のミカタ」は、難関大学在学中の大学生ライターが中心となり運営している「受験応援メディア」です。