イオン化傾向の覚え方とは?語呂合わせや金属の反応性について解説!

化学 2022.12.14
イオン化傾向の覚え方とは?語呂合わせや金属の反応性について解説!

イオン化傾向とは、溶液中において金属元素の陽イオンになりやすさを示したものです。金属を酸などの溶液に入れると、原子が電子を奪われ、陽イオンになって溶け出します。
これが「イオン化」です。

その反応しやすさは、全ての金属で等しいわけではありません。常温の水と反応するものもあれば、非常に強力な酸としか反応しないものなど、元素の種類によってイオン化のしやすさ(傾向)は全く異なっています。そのため、イオン化傾向を定義することによって、イオンになりやすいかどうかを表しているのです。

しかし、イオン化傾向は、順番が覚えづらかったり、覚えても使い方が分からなかったりする人も多いですよね。そこで今回は、イオン化傾向を簡単に覚えられる語呂合わせや、実際にどう活用することができるのかということまで、わかりやすく解説していきます!

記事の内容でわからないところ、質問などあればこちらからお気軽にご質問ください。

中の人がお答えします。

アンケートにご協力ください!【睡眠時間に関するアンケート】

※アンケート実施期間:2022年2月18日~

受験のミカタでは、読者の皆様により有益な情報を届けるため、中高生の睡眠時間についてのアンケート調査を行っています。今回はアンケートに答えてくれた方から10名様に500円分の図書カードをプレゼントいたします。


アンケートに答える


受験生の勉強に役立つLINEスタンプ発売中!

受験生が使いやすい「受験のミカタ」勉強LINEスタンプ販売中!


最新情報を受け取ろう!

プッシュ通知を許可する

受験のミカタから最新の受験情報を配信中!

この記事の執筆者

ニックネーム:はぎー

東京大学理科二類2年
得意科目:化学