助動詞・動詞「dare」の意味や使い方を例文と共に分かりやすく解説!

英語 2021.9.22
助動詞・動詞「dare」の意味や使い方を例文と共に分かりやすく解説!

助動詞というと「can」や「will」、「need」などよく耳にする単語を思い浮かべる方も多いと思います。

ですが実は「dare」という助動詞も会話文などで頻繁に使われています。

この「dare」という単語は助動詞にも動詞にもなるので、便利ですがそれがややこしい部分でもあります。

そこでこの記事では、「dare」について例文を用いながら分かりやすく解説していきます。

出題された際に混乱しないためにも、しっかりマスターしていきましょう!

    1.助動詞にも動詞にもなるdare

    先述したようにdareは助動詞にも動詞にもなります。

    これは「need」と同じです。

    一般動詞として使う場合は、daredという過去形の形があります。

    ですが、助動詞として使うときは過去形にはなりません。

    dareは助動詞として使う場合も動詞として使う場合も「あえて…する」「〜する勇気がある」「思い切って…する」という意味があります。

    混乱しないよう、dareの助動詞と動詞の使い分けについて、ポイントを3つまとめておきます。

    • 助動詞として使われる場合は否定文か疑問文となる
    • 慣用表現の場合は、肯定文でも助動詞のdareとなる
    • 一般動詞のdareは肯定文、否定文、疑問文全てで使う事が可能

    以上を踏まえて、例文を用いながら一つずつ解説していきます。

      2.助動詞dareの使いかたと意味

      それではまず、助動詞としてdareを使う場合について解説していきます。

      ① 否定文でのdare

      dareを否定文で使うと、「~する勇気がない」、「あえて~しない」という意味になります。

      否定文で助動詞のdareを使う場合は「dare + not + 動詞の原形」となります。

      「dare + not」の短縮形は「daren’t」です。

      【例文】

      I dare not tell the truth.

      (訳) 私は真実を話す勇気がありません。

      She daren’t go alone. = She dare not go alone.

      (訳) 彼女は一人で行く勇気がありません。

      He daren’t call her. = He dare not call her.

      (訳) 彼はあえて彼女に電話しません。

       

      助動詞のdareの場合、2つ目と3つ目の例文のように三人称単数現在形のs (三単現のs)は付きません。

      ② 疑問文でのdare

      疑問文では「Dare + 主語 + 動詞の原形 ~?」

      「~する勇気がありますか?」「あえて~しますか?」という意味になります。

      【例文】

      Dare you see the boss?

      (訳) ボスに会う勇気がありますか?

      Dare you tell mom the truth?

      (訳) あえてお母さんに本当のことを言うつもりですか?

      Dare he try again?

      (訳) 彼にまた挑戦する勇気がありますか?

       

      また、「How dare you!」という表現はスウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさんのスピーチで印象に残っているかもしれません。

      この場合は「よくもそんなことが出来るね!」と非難する意味になります。

      【例文】

      How dare you kick me?

      (訳) よく私を蹴ることができるね?(よくも蹴ってくれたね)

       

      この場合、canを使って

      How can you kick me?

      という文も作れますが、canよりもdareの方が強い意味になるので注意してください。

      dareの使いかたとして頻繁に出てくるのがこの「How dare you~?」なので、しっかり押さえておきましょう。

      助動詞dareの使い方と意味

      ③ 慣用表現のdare

      「I dare say~」は「おそらく~でしょう」という意味で使われる慣用表現です。

      この場合のdareは肯定文でも助動詞として使われています。

      また、主語が I の場合に限って、「I daresay」と書くこともできます。

      【例文】

      You are tired, I dare say. = You are tired, I daresay.

      (訳) おそらくあなたはとても疲れているのでしょう。

      I dare say she will get a job.

      (訳) 多分彼女は職を得るでしょう。

       

      また、「Dare I say it」 は「あえて言わせてもらうと」という意味の慣用句です。

      「Don’t you dare〜」という表現は「絶対に〜しないで!」という意味になります。

      「How dare you~?」の時と同じように強い表現になるので、相手に命令するような時に使います。

      【例文】

      Don’t you dare open that window!

      (訳) 絶対にあの窓を開けないで!

      Don’t you dare!

      (訳) やめなさい!

      3.一般動詞dareの使い方と意味

      dareを一般動詞として使う場合、「dare + (to) + 動詞の原形」となり、toを省く場合もあります。

      toを省くのは、疑問文と否定文において可能です。

      疑問文の場合は「Do(Does、Did) + 主語 + dare  + (to)」となります。

      否定文の場合は「主語 + don’t (doesn’t、didn’t) + dare + (to)」です。

      一般動詞となると三単現のsや過去形に変化するようになります。

      【例文】

      I dare tell her the truth.

      (訳) 私はあえて彼女に真実を話します。

      Do you dare (to) ask her?

      (訳) 彼女に聞く勇気はありますか?

      He didn’t dare (to) do anything.

      (訳) 彼はあえて何もしなかった。

      He dares enter the room.

      (訳) 彼はその部屋に入る勇気がある。

      一般動詞dareの使い方と意味

        4.dareの例文と頻出フレーズ

        dareがよく使われるのは先ほど解説した「How dare you~!」という相手を非難する文章です。

        それ以外の用法と合わせて、いくつかの押さえておくべき頻出フレーズを挙げていきます。

        【頻出フレーズ】

        How dare you say such a thing!

        (訳) よくそんなことが言えるね!

        Don’t you dare touch me!

        (訳) 私に触らないで!

        I dare say it’s true.

        (訳) おそらくそれは本当でしょう。

        He didn’t dare (to) say anything.

        (訳) 彼はあえて何も言わなかった。

          5.dareの練習問題

          ではここまで解説してきたdareの使いかたに関する例題を解いてみましょう!

          問1(      )内に適切な英語単語を入れてください。

          (1)おそらくあなたは空腹なのでしょう。

          You are hungry, I (   )  (   ) .

          (2)よくここに来られたね!

          (   ) dare you come here!

          (3)彼はそこに行く勇気がなかった。

          He (   )  go to there.

           

          問2 英文を日本語に訳してください。

          (1) Dare you see her?

          (2) I don’t dare to enter the Haunted House.

          (3) Don’t you dare cheat on me!

          【答えは下にスクロール↓】

           

           

           

           

           

          問1(1) dare , say (2) How (3) daren’t

          問2(1)彼女に会う勇気はありますか?

          (2)私はお化け屋敷に入る勇気がない。

          (3)絶対に浮気しないでね!

            dareのまとめ

            dareの助動詞と動詞としての使いかたそれぞれを解説してきました。

            ポイントをおさらいしておきましょう。

            • 助動詞のdareは疑問文•否定文で使用する
            • 慣用表現としてのdareは助動詞
            • 一般動詞のdareは肯定文•疑問文•否定文全てで使える

            How dare〜?やDon’t you dare〜?は強い口調になるので、親しい間柄の人に使うことが多くなります。

            色々な使い方ができるdareは便利な単語である一方で、慣れるまでは難しく感じるかもしれません。

            ですが、ネイティブもよく使う単語なので、マスターしておけば英語力のレベルアップにつながるはずです!

            記事の内容でわからないところ、質問などあればこちらからお気軽にご質問ください。

            中の人がお答えします。

            アンケートにご協力ください!【外部検定利用入試に関するアンケート】

            ※アンケート実施期間:2021年1月13日~

            受験のミカタでは、読者の皆様により有益な情報を届けるため、中高生の学習事情についてのアンケート調査を行っています。今回はアンケートに答えてくれた方から10名様に500円分の図書カードをプレゼントいたします。


            アンケートに答える


            受験生の勉強に役立つLINEスタンプ発売中!

            受験生が使いやすい「受験のミカタ」勉強LINEスタンプ販売中!


            最新情報を受け取ろう!

            プッシュ通知を許可する

            受験のミカタから最新の受験情報を配信中!

            この記事の執筆者

            ニックネーム:受験のミカタ編集部

            「受験のミカタ」は、難関大学在学中の大学生ライターが中心となり運営している「受験応援メディア」です。