【三角関数】積和・和積の公式の導出方法と問題の解き方を解説!

数学 2024.2.5
【三角関数】積和・和積の公式の導出方法と問題の解き方を解説!

三角関数の分野は様々な公式の暗記が必要で大変ですが、なかでも積和の公式・和積の公式はsinとcosが入り混じっていて覚えにくいと感じている方も多いですよね。

暗記が得意な方は覚えてしまうのが楽ですが、暗記がでいなくても公式の導出方法がわかれば問題ありません。複雑な式ですが、繰り返し練習すれば10秒ほどで導出することが可能です。

公式の導出が素早くできることは、穴埋め問題など時間との勝負となる入試では大きなアドバンテージとなります

本記事では、積和・和積の公式の導出方法と、代表的な問題の解き方を解説します。入試において出題されることもあるため、必ず解けるようにしましょう!

【PR】勉強を効率的に継続して、志望校に合格したい方必見!

スタキャス バナー

↓無料ダウンロードはこちら↓

GooglePlayStoreのボタンappleStoreのボタン

    積和・和積の公式とは

    まずは、積和の公式、和積の公式がどのような式であったか確認していきます。

    加法定理などと比べると出題頻度が低いため、覚えられなくても導出さえできれば十分でしょう。理系の場合は、公式単体の問題だけでなく三角関数の微分などで利用することがあるので、すみやかに導出できる必要があります。

    それぞれ決まった型があるので、まずは式を眺めてみましょう。

    積和の公式

    積和の公式は、4つの式があります。

    sin・cosの積を和に変換しています。

    積和の公式

    和積の公式

    和積の公式も同様に4つの式があります。

    積和の公式とは反対に、sin・cosの和を積に変換しています。

    和積の公式

      積和・和積の公式の導出

      三角関数の加法定理さえ覚えていれば、積和・和積の公式を自分で導出することができます。テスト中忘れてしまった時に、自分で導きだせるように、何度も練習しましょう。

      加法定理

      三角関数 積和 和積

      積和の公式の導出

      ①+②より

      sin(α+β)+sin(α-β)=2sinαcosβ

      よって・・

      sin\alpha cos\beta=\frac {sin(\alpha+\beta)+sin(\alpha-\beta)}{2}…⑤

      ①-②より

      sin(α+β)-sin(α-β)=2cosαsinβ

      よって・・

      cos\alpha sin\beta =\frac {sin(\alpha+\beta)-sin(\alpha-\beta)}{2}…⑥

      ③+④より

      cos(α+β)+cos(α-β)=2cosαcosβ

      よって・・

      cos\alpha cos\beta =\frac {cos(\alpha+\beta)+cos(\alpha-\beta)}{2}…⑦

      ③-④より

      cos(α+β)-cos(α-β)=2sinαsinβ

      sin\alpha sin\beta =-\frac {cos(\alpha+\beta)-cos(\alpha-\beta)}{2}…⑧

      和積の公式の導出

      和積の公式は、積和の公式から導きだします。

      α+β=A、α-β=B

      と置くと

      \alpha=\frac{A+B}{2}

      \beta=\frac{A-B}{2}…☆

      になる。

      sin\alpha cos\beta=\frac {sin(\alpha+\beta)+sin(\alpha-\beta)}{2}

      に☆を代入すると

      sinA+sinB=2sin \frac{A+B}{2}cos\frac{A-B}{2}

      cos\alpha sin\beta =\frac {sin(\alpha+\beta)-sin(\alpha-\beta)}{2}

      に☆を代入すると

      sinA-sinB=2cos \frac{A+B}{2}sin\frac{A-B}{2}

      cos\alpha cos\beta =\frac {cos(\alpha+\beta)+cos(\alpha-\beta)}{2}

      に☆を代入すると

      cosA+cosB=2cos \frac{A+B}{2}cos\frac{A-B}{2}

      sin\alpha sin\beta =-\frac {cos(\alpha+\beta)-cos(\alpha-\beta)}{2}

      に☆を代入すると

      cosA-cosB=-2sin \frac{A+B}{2}sin\frac{A-B}{2}

      積和は、加法定理さえ覚えていれば、難なく作れると思いますが、和積はα+β=A、α-β=Bと置き換える事がポイントです。何度か解いてみて確実にマスターしましょう。

      積和・和積の公式を使った問題

      最後は和積を使うと格段に早く解けるようになる問題を一題出題します。

      積和&和積 問題

       

      【解答】

      一見見た時、二倍角の公式や三倍角の公式を使いたくなります。

      しかし!

      この問題は和積の公式を使うとスムーズに解く事が出来ます。

      sinθ+sin2θ+sin3θ=0

      青の部分に和積の公式を使います。

      和積の公式を使うと・・

      2sin2θcosθ+sin2θ=0

      sin2θ(2cosθ+1)=0

      sin2θ=0もしくはcos \theta = -\frac{1}{2}

      また、問題文で強調して書きましたが、π≦θ≦2πであることも加味しなくてはいけません。

      sin2θ=0の時

      2π≦2θ≦4πなので

      2θ=2π、3π、4π

      \theta=\pi,\frac{3}{2}\pi,2\pi

      cos \theta = -\frac{1}{2}の時

      \theta=\frac{4}{3}\pi

      だから答えは・・

      \theta=\pi,\frac{4}{3}\pi,\frac{3}{2}\pi,2\pi

      になります。

      今回は積和&和積の範囲なので、問題を見てすぐに使う事が出来たと思いますが、何もヒントがない状況でぱっと和積を使えるためには、公式がしっかりと頭の中にあるという事が必須です。

      ぜひ、しっかりと頭の中に叩き込みましょう!

        おわりに

        最後まで読んでいただきありがとうございます。

        今回は三角関数の分野で苦手意識を持つ人が多い積和・和積の公式について解説しました。

        入試本番で使いこなせるよう、公式の導出方法、問題の解き方を繰り返し練習しましょう!

        アンケートにご協力ください!【利用状況に関するアンケート】

        ※アンケート実施期間:2023年4月5日~

        受験のミカタでは、読者の皆様により有益な情報を届けるため、受験のミカタの利用状況についてのアンケート調査を行っています。今回はアンケートに答えてくれた方から10名様に500円分の図書カードをプレゼントいたします。


        アンケートに答える


        受験生の勉強に役立つLINEスタンプ発売中!

        受験生が使いやすい「受験のミカタ」勉強LINEスタンプ販売中!


        最新情報を受け取ろう!

        プッシュ通知を許可する

        受験のミカタから最新の受験情報を配信中!

        この記事の執筆者

        ニックネーム:受験のミカタ編集部

        「受験のミカタ」は、難関大学在学中の大学生ライターが中心となり運営している「受験応援メディア」です。