文系?理系?行きたい学部は?みんなの進路&文理選択を大調査!

受験トピックス 2018.2.13

今回は、みなさんにご協力いただいた「文理選択」に関する意識調査の結果を発表します。

年度末が近づき、春から文系・理系にクラスが分かれる方や、目標に向け、改めて気持ちを固めるという方も多いでしょう。

そんな文理選択学部の選択について、「受験のミカタ」ユーザーのみなさんのリアルな意見をお聞きしました!

 

アンケート概要

実施期間:2017年12月13日~2018年1月31日

解答者数:361人

対象者:現役中学生・高校生、または20歳以下の大学浪人生

 

1.ユーザーの約9割がすでに文理選択済み

全ユーザーに対し、理系・文系のどちらかを尋ねたところ、約50%が理系、約40%が文系という結果になりました。

また、「まだ決めていない」と答えたユーザーが約1割で、「文理選択を迷っている」という回答はわずか2.73%にとどまりました。

中学生・高校生・浪人生の文理選択

また、文理選択を行った時期についても尋ねてみたところ、6割以上が高校1年生のときに文理選択を行っているか、行う予定でした。

中学生・高校生・浪人生に聞いた「文理選択を行った時期」

この結果から、中学生はまだ文系・理系を決めていない人も多いものの、全体を通して、文理選択に迷っているユーザーは少ないということが分かりました。

以下のグラフは、学年別に見た文理選択の状況です。

中学生・高校生・浪人生の学年別に見た文理選択の状況

 

2.中学生でも7割が行きたい学部を決定

次に、行きたい学部を決めているかについて聞きました。

すると、「受験のミカタ」ユーザーのうち、なんと84%が、すでに行きたい学部を絞っているという結果となりました。

中学生・高校生・浪人生の学部選択状況

こちらも、学年別で見てみたところ、中学生でも7割が、行きたい学部を考えているということが分かりました。

中学生・高校生・浪人生の学部選択状況、学年別

3.理系・文系それぞれの志望学部とは?

理系・文系のそれぞれのユーザーに、第一志望の学部について聞いてみました。

 

まずは、理系のユーザーについて見てみましょう。

理系では、工学系の学部が一番人気の結果となり、27%が希望していました。

さらに、医学系学部が約15%、看護、医療系学部が約14%、理学系学部が約10%と続きます。

中学生・高校生・浪人生に聞いた理系の学部志望状況

理系のユーザーの中には、計算能力を生かして経済(経営、商)学部を志望するユーザーや、少数意見として、心理学系や国際系の学部を志望する人も見られました。

 

続いて、文系ユーザーの志望学部を見ていきましょう。

 

中学生・高校生・浪人生に聞いた文系の学部志望状況

文系では、経済(経営、商)学部が最も人気を集め、23%という結果となりました。

2位以下は、文学系学部が約15%、国際系学部が約12%、教育学系の学部が約11%でした。

 

いかがだったでしょうか?

受験のミカタでは、今後も様々なアンケートを実施していきます。

今後ともご協力をよろしくお願いいたします。


アンケートにご協力ください!【動画の利用に関するアンケート】

※アンケート実施期間:2018年7月17日~

受験のミカタでは、読者の皆様により有益な情報を届けるため、中高生の学習事情についてのアンケート調査を行っています。今回はアンケートに答えてくれた方から抽選で10名様に【Udemy】の学生向け特別講座の無料受講券をプレゼントいたします。

【動画の利用に関するアンケート】

アンケートに答える


この記事の執筆者

ニックネーム:みかちー

筑波大学社会・国際学群4年
山口県出身
好きなこと:古着、ラジオ
得意科目:国語、英語、日本史
最近欲しいもの:座椅子

読み込み中

友だち追加 アンケート

人気のある記事

「受験トピックス」について