東京五輪ボランティアに参加したい中高生の8割が英語力に不安を抱えていることが判明!

受験トピックス 2017.11.28
東京五輪ボランティアに参加したい中高生の8割が英語力に不安を抱えていることが判明!

2020年といえば?

そう、東京オリンピック・パラリンピックです!

実は、夏季オリンピックが日本で開催されるのは56年ぶりなんです!

今回は受験のミカタ」サイト内で、そんな東京オリンピック・パラリンピックについてユーザーの皆さんにアンケートを実施いたしました。

「東京オリンピック・パラリンピックを観に行きたい人はどのくらい?」

「オリンピック開催に関して不安事項は?」

このような疑問に対する皆さんの意見をご紹介します。

東京オリンピックは、小論文のテーマとして出題される可能性もあるのでぜひ最後まで読んでみてくださいね!

 

アンケート概要

実施期間:2017年9月6日~11月1日

回答者数:1061名

対象者:受験のミカタ閲覧全ユーザー

 

    1.約9割が東京オリンピック・パラリンピックを楽しみにしている

    まず、東京オリンピック・パラリンピックについてどのように感じているか聞いてみると、

    「とても楽しみ」な人が47%、「楽しみ」な人が41%、「あまり楽しみでない」と答えた人は10%、「楽しみでない」人はわずか2%でした。

    東京オリンピック 東京パラリンピック

    やはり楽しみにしている人は多いですね!

    約9割の人が心待ちにしているようです。

    東京オリンピック・パラリンピックを観に行きたいかどうか尋ねてみると、61%の人が「はい」と回答。

    「いいえ」と答えた人は19%、「わからない」と答えた人は20%でした。

    東京オリンピック 東京パラリンピック

    やはり56年ぶりの国内開催なので観に行きたい人は多いようです。

     

      2.東京オリンピック・パラリンピックのボランティア参加希望者は英語が不安

      東京オリンピック・パラリンピック開催に伴って民間のボランティアを募集しているのをご存知ですか?

      応募条件が”10日以上参加できる人”など少し厳しいことでも話題ですが、、、。

      そんなオリンピック・パラリンピックにボランティアで参加したいかどうか尋ねてみました。

      参加を希望する人は51%と多い結果となりました。

      この結果を見る限り応募倍率もなかなか高そうです。

      そんな大人気のオリンピックボランティアですが、外国人客も沢山訪れる中、気になるのは英語力ですよね。

      ボランティアに参加希望者の中で英語力に不安があるかどうか尋ねてみました。

      「とても不安」「やや不安」と感じる人は81%でした。

      応募条件に英語力の有無に関する記載はありませんが、面接などではレベルを聞かれることもあるかもしれません。

      不安な人は英検TOEICなどである程度のレベルを目指すよう今から勉強しておきましょう!

      ところでこのボランティアには、応募条件の一つに「2020年4月1日の時点で満18歳以上であること」があります。

      つまり現時点で中学生の方はボランティア応募資格を持っていないのです。

      そんな中学生の中でボランティアに参加したい人はどのくらいいるのか調べてみました。

      全体より3%ほど参加希望者は少ないものの、希望する人は多いようです。

      何とか18歳未満にもチャンスがあるといいのですが。。。

      ※東京オリンピックボランティア参加の詳細については公式HPをご覧ください。

       

      3.東京オリンピック・パラリンピックをきっかけに興味を持ったことは?

      東京オリンピック・パラリンピックをきっかけに興味を持ったことがあるか聞いてみました。

      「オリンピック・パラリンピック競技や選手」に興味を持った人が最も多いようです。

      続いて「外国語」「ロゴ等のデザイン」「日本文化」といった回答が多かったです。

      オリンピックを機に注目される競技や、英語力底上げに力を入れる人、日本文化を再確認・アピールしようといった動きが増えてきそうです。

       

        4.東京オリンピック・パラリンピックの最大の課題とは?

        東京オリンピック・パラリンピックに関連して心配なことがあるか尋ねてみました。

        最も多かった回答は「事件やテロ」、続いて「交通や観光地の混雑」でした。

        近年外国でのテロ増加や北朝鮮問題が深刻化する中、やはり最も懸念されるのは安全対策なようです。

        また、オリンピックに期待していない人の期待していない理由を探るため、

        上記の「東京オリンピック・パラリンピックに関してどのように感じているか」という質問で、

        「あまり楽しみでない」「楽しみでない」と回答した人の不安事項を調べてみました。

        1番の不安事項は「事件やテロ」でした。

        やはり非常に多くの人が集中するイベントなので「事件やテロ」が発生する可能性は高まります。

        「事件やテロ」の防止、起きてしまった際の対応といった安全対策がオリンピックの最大の課題と言えるでしょう。

         

          5.東京オリンピック・パラリンピックは日本の魅力アピールのチャンス

          東京オリンピック・パラリンピックの開催による変化について聞いて質問してみました。

          最も多かった回答は「日本文化をアピールできる」でした。

          世界中のメディアが来日しますし、外国人観光客も増加するので「日本文化のアピール」には大きくつながりそうです。

          また、日本は外国人にとって魅力のある国だと思うかと聞いてみると、約95%が「そう思う」と回答しました。

          日本の他国にはないユニークな文化や近年注目されている日本食など、魅力的な日本文化をオリンピックでさらに発信できらた嬉しいですね!

           

           

          今回のアンケートにご協力くださった方々、ありがとうございました。

          受験のミカタでは、今後もさまざまなアンケートを実施していきます。

          今後もご協力よろしくお願いいたします。

          アンケートにご協力ください!【外部検定利用入試に関するアンケート】

          ※アンケート実施期間:2021年1月13日~

          受験のミカタでは、読者の皆様により有益な情報を届けるため、中高生の学習事情についてのアンケート調査を行っています。今回はアンケートに答えてくれた方から10名様に500円分の図書カードをプレゼントいたします。


          アンケートに答える


          受験生の勉強に役立つLINEスタンプ発売中!

          受験生が使いやすい「受験のミカタ」勉強LINEスタンプ販売中!


          最新情報を受け取ろう!

          プッシュ通知を許可する

          受験のミカタから最新の受験情報を配信中!

          この記事の執筆者

          ニックネーム:受験のミカタ編集部

          「受験のミカタ」は、難関大学在学中の大学生ライターが中心となり運営している「受験応援メディア」です。