【中学・高校英語】比較級の基本構文を例文で学ぶ!肯定文と否定文、比較級の修飾語は理解できていますか?

英語 2015.8.29
【中学・高校英語】比較級の基本構文を例文で学ぶ!肯定文と否定文、比較級の修飾語は理解できていますか?

中学・高校英語における比較級は、省略があったり、例外があったりと一筋縄にいかないので、頭の中を整理しとかないと簡単に点数を落としてしまいます。そこで、今回は比較級の最もベーシックとなる基本構文を紹介します。比較構文が曖昧になってしまっている人は是非見てみてください。

原級比較の記事についてはこちらをご覧ください。

    1. 比較級の基本構文(肯定)

    比較級 基本文章②

    比較級には大きく分けて上記3パターンがあります。形容詞や副詞をもっと細かく分けたものについては「原級比較 比較級 最上級の形容詞・副詞」でまとめていますので確認してください。

    【省略】thanは接続詞なのでthan以下はSVと文章が続きます。原級(as~as)の時も紹介しましたが、比較は「比較するものと比較されるもの」が基本的には同じ構文をとります。しかし、多くの場合において、SVが省略され、主語や、副詞句のみが残ります。

    例文)I enjoy cooking more than before. 

    略さず書くと・・

    I enjoy cooking more than I did before.

    【例外】形容詞で語尾が「~or」で終わる場合⇒比較する際thanでなくtoを使う。

    例文)I am superior to him.
    私は彼より優れている。

    ×than ○to 

     

      2. 比較級の基本構文(否定)

      I am more intelligent than she.
      私は彼女より賢い。(賢さ:私>彼女)

      比較級を否定形にすると・・

      I am not more intelligent than she.
      私は彼女ほど賢くない。
      (賢さ:私<彼女)

       I am not more intelligent than she. 

      のようになり、「BAよりCである。」となり、肯定文の時とは逆になります。

      ここまでは簡単です。しかし、ここからは難関大学に受けようと思っている人は重要なので、目を通してみてください。

      まず・・

      My father doesn’t have more than 1000yen.

      My father have no more than 1000yen.

      この2文の違いが分かりますか?

      これを同じだと思ってしまった方、よく解説を見ましょう。

       not no more than 比較

      は「父親が1000円以上持っている」ことを否定しています。つまり、父親が持っている所持金は30円の可能性も990円の可能性もある訳です。

      それに対してmoreを否定しているだけで、父親が1000円持っている事は否定していません。②の状況は父親が1000円を持っており、それ以上に持っていること(more)を否定しています。ただ、ここで、more thanを出し、1000円以上持っている事を敢えて否定したということは、父親の所持金に対して、少ないな。。という感情が隠れています。

      訳す時は、ここの感情もふまえて訳します。

      ①父親は1000円以上持っていない。

      ②父親は1000円は持っているが、それ以上ではない。
      父親はたった1000円しか持っていない。

      それではこれを踏まえて

      My father have no less than 1000yen.

      これを訳してください。

      同様にして

      「父親は1000円は持っているが、それ以下ではない。」

      父親は1000円持っている。

      同じ「no more than」や「no less than」を使ったクジラ構文と呼ばれる構文があります。これも英文和訳問題によく出てきますので、読んでみてください。

      3. 比較級の修飾語

       ① 比較級を強調する場合

      much, far, still, a littleで比較級を強調します。veryは使えません。文法正誤問題で頻出なので、必ず間違えないようにしてください。

      She is much taller than I.
      彼女は、私よりも遥かに大きい。

       

      ② 〜倍と数値の比較をする場合

      これは、原級の時も説明しましたが、もう一度確認します。

      〜倍と表現するときは、2倍は「twice」、3倍以降は「three times, four times, five…」のように「 数+times 」になります。また半分は「half」と言います。

      My bag is three times more expensive than yours.

      私のバッグはあなたのよりも2倍高い。 

      ただ「as ~ as」に比べて使用頻度は低いです。

       

      ③ 差を比較する場合

      I am twenty centimeters taller than Hideko.
      私はひで子よりも身長が20センチメートル高い。

      全てに共通する事が、比較級を修飾する時は、必ず比較構文の前に置くという事です。

       

      いかがでしたか?

      今回やった比較構文は全て重要なので、すらすらと出来るようにしなくてはいけません。穴があったらもう一度復習しましょう!

      アンケートにご協力ください!【外部検定利用入試に関するアンケート】

      ※アンケート実施期間:2021年1月13日~

      受験のミカタでは、読者の皆様により有益な情報を届けるため、中高生の学習事情についてのアンケート調査を行っています。今回はアンケートに答えてくれた方から10名様に500円分の図書カードをプレゼントいたします。


      アンケートに答える


      受験生の勉強に役立つLINEスタンプ発売中!

      受験生が使いやすい「受験のミカタ」勉強LINEスタンプ販売中!


      最新情報を受け取ろう!

      プッシュ通知を許可する

      受験のミカタから最新の受験情報を配信中!

      この記事の執筆者

      ニックネーム:受験のミカタ編集部

      「受験のミカタ」は、難関大学在学中の大学生ライターが中心となり運営している「受験応援メディア」です。