早稲田に行きたい浪人生はこれを読め。1浪社学合格の女子に聞いた勉強法とは?

合格体験記 2016.10.20

今回は1浪で早稲田大学社会科学部に合格した。T子さんにお話を伺いました。現役時代のことから浪人中の勉強法など、合格のヒントがつまった内容となっているので参考にしてみてくださいね!

 

T子さんのプロフィール

合格した大学

早稲田大学:社会科学部

明治大学:法学部、経営学部、情報コミュニケーション学部

法政大学:社会学部

趣味、特技

映画鑑賞、ショッピング

高校時代の部活/大学のサークル

体操部/入ってない

 

それでは、インタビューを開始します!

Q:高校時代はどんな学生でしたか?

A体操部に所属していました。ダンスに夢中で正直ほとんどといっていいほど勉強をしませんでした。特に中高一貫の女子校だったので、受験に対する危機感のようなものはすっかりなくなってしまっていました。

Q:もともとの成績はどれくらいでしたか?

A高校は偏差値60ちょっとの、いわゆる進学校に通っていました。

ただ私は落ちこぼれ組で、全部下のクラスにいました。高3の頭の模試は偏差値50切るかどうかくらいの成績でした。

 

Q:受験勉強を本格的にはじめたのはいつですか?

A高校3年生に進級したときです。現役時代は予備校には通わず主に学校の授業と補講だけ独学で勉強しました。予備校は浪人してから通いました。

 

Q:どこの予備校に通っていましたか?

A駿台です。

 

Q:予備校はどのように決めましたか?

A浪人を決めてから予備校の入学まで時間がなかったので、早慶に特化したクラスのある予備校探して、親と説明会に行って入学を決めました。説明会は3個くらい参加し、カリキュラムや自習室の充実度で駿台を選びました。


アンケートにご協力ください!【過去問に関するアンケート】

※アンケート実施期間:2018年10月15日~

受験のミカタでは、読者の皆様により有益な情報を届けるため、中高生の学習事情についてのアンケート調査を行っています。今回はアンケートに答えてくれた方から10名様に500円分の図書カードをプレゼントいたします。

【過去問に関するアンケート】

アンケートに答える


この記事の執筆者

ニックネーム:受験のミカタ編集部

「受験のミカタ」は、難関大学在学中の大学生ライターが中心となり運営している、高校生のための「受験応援メディア」です。

読み込み中