2020年度から大学入試が変わる!249人の意見を大調査!

合格サポート 2017.6.13
2020年度から大学入試が変わる!249人の意見を大調査!

みなさんは2020年度から大学入試が新しくなることを知っていましたか?

日本人の学力低下が懸念される中、文部科学省は「生きる力を育む」を目的に、高校と大学が一体となった教育改革、高大接続改革を進めています。その着実な実現に向けて、検討・準備グループ等の会議において具体的な検討を進めており、先日、「大学入学共通テスト(仮称)」実施方針が発表されました。

現在の大学入試センター試験に代わって、2020年度から新テスト「大学入試共通テスト(仮称)」が実施される予定です。

これは、高校段階の基礎的な学習の達成の程度を判定し、大学教育を受けるために必要な能力について把握することを目的に行われるとのこと。

現在のセンター試験は全てマークシート形式で行われていますが、新テストでは記述問題が追加され、より思考力・判断力・表現力が評価される内容になるようです!

このように生まれ変わるセンター試験の実施方針に関して、みなさんにご協力いただいて当サイト(「受験のミカタ」)内でアンケートを行いました。

アンケート概要

対象者:「受験のミカタ」閲覧全ユーザー

実施期間:5/26~6/8

回答者数:249人

 

    ◆70%以上が現在のセンター試験に満足している!

    みなさんは現在のセンター試験の方式(マーク式)に満足していますか?

    受験のミカタ閲覧ユーザーに尋ねたところ、「満足している」人は183人で全体の73.5%、「満足していない」と回答した人は47人で全体の18.9%でした。

    センター試験の新方式に関するアンケートグラフ

    特に、来年受験を控える高3生のうち「満足している」と回答した人は、83.8%と全学年の中で最も高い結果となりました。

    逆に、「満足していない」と回答した人の割合が最も高かったのは大学生で31.8%でした。

    受験を実際に経験した大学生だからこそ不満に感じる部分があるのかもしれませんね。

     

      ◆新テストの方針に賛成の人は?

      冒頭にも書いたように、2020年度からの新テストは思考力・判断力・表現力をより評価するような形式になります。

      そこで、暗記した知識だけではなく、思考力・判断力・表現力も評価されるような試験に関する質問をユーザーに尋ねてみました。

      「実施すべきだと考えている」人は68.3%、「実施すべきだとは考えていない」と回答した人の割合は28.5%という結果でした。

      また、現在のセンター試験に「満足している」と回答し、かつ思考力や判断力も評価される試験を「実施すべきだと考えている」と回答した人は67.8%。

      現在のセンター試験に「満足していない」と回答し、思考力や判断力も評価される試験を「実施すべきだと考えている」と回答した人は76.6%でした。

      センター試験の新方式に関するアンケートグラフ

      やはり現在のマーク式に不満のある人の方が新テストの方針には賛成のようですが、マーク式に満足の人も肯定的な人が多いことがわかりました。

      2020年度に受験を控える現在の中学生においては、「実施すべきだと考えている」と回答した人は63.8%、「実施すべきだとは考えていない」と回答した人は29.8%でした。

       

      ◆ロボットに仕事を奪われる不安を感じているのは中学生だった

      今回のセンター試験改革の目的は、もちろん学生の思考力・判断力・表現力などを高めるためですが、その背景には人工知能(AI)の発達があります。

      AIの能力は日々進化しており、近い未来、多くの仕事がロボットによって行われるようになるといわれています。

      そこで、ロボットの発達による将来の就職について尋ねてみると、「不安がある」と回答した人は105人で全体の42.2%でした。

      また、「この質問を見て少し不安になった」と回答した人も含めると55.8%に上ります。

      一方、「不安がない」と回答した人は102人で全体の41%でした。

      不安を感じている(「この質問を見て少し不安になった」と回答した人も含める)人の割合が最も多かった学年は、新テストが実施される2020年度以降に受験を控える中学生でした。

      センター試験の新方式に関するアンケートグラフ

      次に多かったのは高1生で64.7%が不安を感じていると回答。

      最も不安を感じている人の割合が少なかったのは浪人生という結果でした。

      その他にも「ロボットにどんな仕事をやらせるか次第。人がやれるもの、やりたい思う人がいる仕事をやらせるなら不満はあるだろうし、逆にロボットがやってくれることで全ての人間にとってプラスになる仕事もあるはず。」といった意見がありました。

       

      アンケート結果いかがだったでしょうか?

      「受験のミカタ」では引き続き様々なアンケートを実施していきますので、ご協力お願いいたします!

      アンケートにご協力ください!【外部検定利用入試に関するアンケート】

      ※アンケート実施期間:2021年1月13日~

      受験のミカタでは、読者の皆様により有益な情報を届けるため、中高生の学習事情についてのアンケート調査を行っています。今回はアンケートに答えてくれた方から10名様に500円分の図書カードをプレゼントいたします。


      アンケートに答える


      受験生の勉強に役立つLINEスタンプ発売中!

      受験生が使いやすい「受験のミカタ」勉強LINEスタンプ販売中!


      最新情報を受け取ろう!

      プッシュ通知を許可する

      受験のミカタから最新の受験情報を配信中!

      この記事の執筆者

      ニックネーム:受験のミカタ編集部

      「受験のミカタ」は、難関大学在学中の大学生ライターが中心となり運営している「受験応援メディア」です。