こんな浪人生は危険!私が見た浪人失敗あるある

合格サポート 2016.2.9

浪人生ってどんなイメージがありますか?

浪人生 = 失敗っていうイメージの人も多いかもしれません。

浪人しても合格を掴み取る人はもちろんたくさんいます。

しかし、失敗してしまう人も多いのは事実です。

そこで実際に浪人した私が見てきた浪人生で失敗してしまうタイプの人たちをまとめてみました。

 

①「俺、現役のときに MARCH合格してたんだけど上目指すために浪人した☆」系男子

浪人生2-

私が浪人してはじめて話した人は話の途中で、どこ合格した?みたいな話になり、こう言っていました。

「俺さ、MARCHは合格していたわけよ。でもさ、やっぱ早慶じゃん?だから浪人して上目指そうとおもって〜」

その後もいろんな人に自慢するかのようにこの話をしていました。また、予備校でたまに出会う、俺どこどこ受かった系男子たち。 (女子も少人数だけどいる)

こういう人たちの行く末は、①1年かけて現役と同じMARCH ②現役で受かっていたはずのMARCHに受からない という厳しい受験結果の人たちが多いです。

この人たちは、もともと MARCHに合格していないのに見栄を張ってしまったタイプと、俺はMARCHに合格したんだから勉強しなくても大丈夫とかそんなこと思っちゃうタイプが多いです。どちらにしよ、プライドがひたすら高い浪人生です。

 

②浪人生デビュー系女子と浪人生デビュー系ウェイ

浪人生3

男子はウェイに、女子はギャル系になる。

そう、高校デビューや大学デビューが流行っている今、浪人生デビューをもしてしまう人がいます。それは、不合格への道なので気づいた時点でやめましょう。

特にいままで田舎で勉強していたけど本腰いれて勉強するために上京する人は要注意です。浪人生とはいえどもおしゃれな人などを見て圧倒されてしまうかもしれません。

浪人生は服もメイクも髪型も全部自由です。そこで浮かれて、かわいい洋服を買い、化粧をして、髪の毛を染めて浪人デビューしてしまう人が多いのです。

浪人デビューを晴れて(?)してしまうと、大学デビューどころか、大学に行けないという悲劇が訪れます。どうしてもデビューしたいのなら大学に合格してデビューしましょう。

③夏休み後、突如増えるカップル

浪人生4

浪人が始まってからはじめの時期は、クラスの人と仲良くなるものの、そこまでみんな浮かれていませんし、まじめに勉強している人が多いです。

しかし、事件は夏休みに起こります。

夏休みはクラス単位の授業が減り、他のクラスの人と仲良くなり易いです。そうすると、みな安心感から固まって行動しだします。そうするとなぜだか分かりませんが、付き合い出しちゃう人たちが続出します!

私は、浪人する前までまさか浪人して、付き合うっていうのはさすがにふざけていると思っていたのですが、それはもう多くのひとたちが付き合ったり、恋話で浮かれているのです。

そして、悲しいことに、付き合った多くの人たちが、受験に落ち、また別れました💔

浪人生は夏休みで浮かれすぎないこと。そして不安なので人肌を求めてしまうみたいなので気をつけましょう。

 

④オラついている集団

浪人生5

浪人生はなぜか分かりませんが、とてもオラついている集団がいます(笑)

耳にピアス7個空いていたり、髪の毛は金髪や赤髪だったり、タバコを吸っていたり‥etc

とオラオラしている行動をしてやけに目立つ集団です。

初めて会った時、それはそれは怖すぎて涙が出そうでしたが (笑)、実際にはいい人のことが多いです。

しかし、授業をさぼったりしていて、あまり真面目に勉強はしていないので受験失敗してします人が多いようです。

なぜオラオラしたいのかはよく分かりませんが、この軍団に加入するのはおすすめしません。(笑)

まとめ

まとめてみると受験に失敗してしまう人の傾向がわかったので最後に

①浪人するということの「不安」に負けてしまう人

浪人することはとても不安なことです。合格するか分からないし、人よりも1年遅れていること。そこから、周りの人と励まし合い、頑張るなら良いのですが、傷のなめ合いが起きてしまいます。

浪人を決めるなら、一人でもやりとげるように不安に打ち勝つこと、そして励まし合える友人を見つけることが浪人して合格をつかみ取る方法と言えるでしょう。

②目の前の問題から逃げてしまう人

いま大学受験をしているという問題から現実逃避してしまう人が多いです。たしかに、1年間ずーーーっと勉強するのはとても大変なことです。でも、逆に言えばチャンスにもなります。他の人は与えられなかった1年をもらえたという幸せな環境にいるのです。1年我慢して、勉強して大学に合格すれば、とても楽しい大学生活がまっています。

③プライドが高い人

私も含め、多くの浪人生は「浪人」ということに対して、コンプレックスがあると思います。実際、高校生の頃はとてつもなく馬鹿だったにも関わらず、浪人する人はダメだと思っていました。

しかし、そんな自分の中での奢りこそが「浪人」という結果を生み出してしまうのです。過去に MARCHに受かっていようが、有名進学校出身であろうが、そんなものは捨てましょう。

自分に対して真摯に向き合い、勉強することが合格への近道です。


アンケートにご協力ください!【東京五輪に関するアンケート】

※アンケート実施期間:2017年9月7日~10月31日

受験のミカタでは、読者の皆様により有益な情報を届けるため、中高生の学習事情についてのアンケート調査を行っています。

今回は特別にアンケートに答えてくれた方から抽選で20名様に図書カードをプレゼントいたします。

【東京五輪に関するアンケート】

アンケートに答える


この記事の執筆者

ニックネーム:受験のミカタ編集部

「受験のミカタ」は、難関大学在学中の大学生ライターが中心となり運営している、高校生のための「受験応援メディア」です。

読み込み中