used to do は動詞の種類で意味が変わるの知ってた?

英語 2015.12.25

今回はused to doについて扱います。まずはじめに、used to doは、do(動詞)の種類によって、2つの意味を持ちます。

今回は、そんなused to doが持つ2つの意味、訳し分け方をご紹介します。

まずは、こちらをご覧ください こちら


注意 do(動詞)の種類で意味が変わる!

①:used to + [ 動作動詞 ]

(以前は)よく~したものだ

②:used to + [ 状態動詞 ]

(以前は)~だった(が今は~ではない)

※似た表現として「be used to ~ing」がありますが、これは全く別のものと考えてください。

(今回の学習の後半で扱います。)


では、動作動詞と状態動詞の違いとは何なのでしょうか

順番に、以下から解説していきます。

[ 目次 ]

  1. 動作動詞と状態動詞
  2. used to + 動作動詞とその書き換え
  3. used to + 状態動詞
  4. オマケ①:be used to ~ing
  5. オマケ②:be used to do

 

 

1.動作動詞と状態動詞

動詞を進行形(~ing)にできる動詞が動作動詞で、進行形(~ing)にできない動詞が状態動詞です。

例えば、walk(歩く), run走る), study(勉強する)などは、いずれも動作を表現しており、進行形にすると、walking(歩いている), running(走っている), studying(勉強している)とできます。

しかし、know(知っている) , have(持っている), wear(着ている)のような動詞は進行形にできません。know・have・wearはいずれも動作を表現しているのではなく、進行形にしなくても「知っている」・「持っている」・「着ている」という状態を表現しています。

しかし、動詞がいちいち動作動詞か状態動詞かを覚えるのは面倒なので(笑)、動詞の意味が「~ている」となっている(知っている、持っている、着ているなど)場合は状態動詞、それ以外は動作動詞と考えて問題ありません

 

2.used to + 動作動詞とその書き換え

used to の後ろに動作動詞が続くと、「(以前は)よく~したものだ」という意味になります。例文を見た方がわかりやすいので例文を使います。


[例1]

When we were children , we used to go to the park.

[訳]

私たちは子供の頃、よくその公園に行ったものだ。


[例2]

I used to study English very hard.

[訳]

私は、(以前は)よく英語をとても熱心に勉強したものだ。


[例3]

I used to practice baseball to win the Koushien.

[訳]

私は、甲子園で優勝するためによく野球の練習をしたものだ。


注意 used to の後ろに状態動詞が続いて、「(以前は)よく~したものだ」という意味になる場合は、used towould (often)に書き換えることができます。

上記の例文をwould (often)を用いて書き換えてみます。

[書き換え1]

When we were children , we would (often) go to the park.

[書き換え2]

I would (often) study English very hard.

[書き換え3]

I would (often) practice baseball to win the Koushien.

 

[参考]
would(often) については、「wouldの6つの意味 willの過去形だと思っていませんか?」という記事に詳しくまとめているので、こちらも読んで頂くと、より一層理解が深まります♪

 

3.used to + 状態動詞

used to の後ろに状態動詞が続くと、「(以前は)~だった(が今は~ではない)」という意味になります。こちらでも例文を使いましょう。


[例1]

She used to live in Osaka , but she moved to Tokyo last year.

[訳]

彼女は以前大阪に住んでいたが、去年東京に引っ越した。


[例2]

He used to have three apple watches.

[訳]

彼は以前、アップルウォッチを3つ持っていた。


[例3]

Mokomichi used to wear flashy clothes to stand out.

[訳]

モコミチは以前、目立つためにとても派手な服を着ていた。


 

4.オマケ①:be used to ~ing

ここまで、used to do の2つの意味を確認してきました。これに似た表現も2つあります。(be used to~ingbe used to do です。)混乱してしまわないように、説明しておきます。

be used to ~ing」は「~することに慣れている」という意味です。これは1つの熟語として覚えてしまいましょう!usedの前にbe動詞が来ることと、toの後ろにing形が来ることに注意してください。以下に例文を載せます。

[例]

I am used to writing formal letters.

[訳]

私は、正式な手紙を書くことに慣れている。

 

5.オマケ②:be used to do

いよいよ最後です。「be used to do」は「~するために使われる」という意味で、受動態の「be used」に目的のTo不定詞(~するために)が続いたものです。

受動態なので、usedの前はbe動詞が来ていることに注意してください。

注意 受動態についての説明は「受動態英語 間違えやすい5つの文法」を参照してください♪

注意 To不定詞についての説明は「不定詞 5分で分かる形容詞的用法、副詞的用法、名詞的用法」を参照してください♪

例文を載せます。

[例]

This medicine is used to stop the cough.

[訳]

この薬は、咳を止めるために使われる。

 

以上で紹介した4つの区別がしっかりできるようにしましょう♪

 

 


アンケートにご協力ください!【敬老の日に関するアンケート】

※アンケート実施期間:2017年8月16日〜

受験のミカタでは、読者の皆様により有益な情報を届けるため、中高生の学習事情についてのアンケート調査を行っています。

スマホからでも解答しやすく、約1分で回答できる5~6問の選択式の簡単なアンケートですので、ぜひ皆様ご協力お願いします!

【敬老の日に関するアンケート】

アンケートに答える